人を知る
Interview- 先輩社員インタビュー -
ホーム > 人を知る > 先輩社員インタビュー > 荒木 香織
担当部長

2001年 入社

技術本部 カスタマーソリューション部

荒木 香織

Kaori Araki

大阪工業大学 情報科学部 情報処理学科 卒

仕事も育児も、全力投球!
自己紹介
一日の流れ
経歴

仕事内容を教えてください

ソリトン製品「OneGate」のエンジニアチームの責任者。日々進化する技術追究の傍ら、お客様への製品技術支援やシステム提案などを担当する部門の担当部長として、チームメンバーの業務状況把握、進捗確認、部門間調整等を行っています。

入社を決めた理由は?

ソリトンの会社説明会に参加し、独創的な社風に魅力を感じたからです。
大学の研究室では光ファイバーの伝送技術を専攻していましたが、大学3年生の夏休みに1ヶ月参加した某大手ITメーカーのネットワークアカデミーがきっかけで、ネットワーク技術にも興味を持ちました。 ネットワークを手掛ける会社に就職するのも面白いかもと感じ始めた頃、大学の教授の紹介でソリトンの説明会に参加。その独創的で先進的な取り組みにとても魅力を感じました。 そしてさらに印象的だったのがその後の懇親会でした。社長や社員(現役員)とお話しする機会があり、当時の自分の研究内容をお伝えしたところ、「ぜひウチに来なさい。面白いぞ」とその場で直接入社を勧められました。
…あれから20年も経つと思うと感慨深いです。確かにあの時の「面白い」は本当だった気がします。

仕事のやりがいを教えてください

エンジニアとしてお客様が抱える本質的な課題を割り出し、その課題に対しソリトンの技術やノウハウを総動員して解決に導けた時に、大きなやりがいを感じます。
例えば、お客様が導入されたいと希望する対策方法(製品)があったとして、それが直接的な問題解決に結び付くものであれば良いのですが、よくよくお話をお伺いすると、根本的な課題が他にある、といった場合があります。そのような時、ソリトンとしてより良い対策方法をご提案し、それによりお客様のお役に立てた時は、お手伝い出来て良かったと思えます。

職場の魅力は?

ソリトンはITメーカーのため、世の中で求められる新機能やアイデアを自社製品に反映してゆける点が大きな魅力です。自社製品を自分達で育ててゆけるといいますか。そのプロセスで自分達も進化していく感覚があります。
例えば海外製品などでは日本からの機能要望を提案してもなかなかお応えいただけないことがあるのですが、自社製品であれば、皆で議論して「こうすべき」と決断したことをスピーディーに行動に移し、製品を改良したり全く別の価値を創り上げてゆくことができます。その取り組みを通じて、お客様のニーズにお応えする努力をしてゆくことも、魅力の1つと感じます。

また、私は2017年に子供を出産し、現在も育児の真っ最中です。そのため、現在の責任者の役職を打診された際には、正直やってゆけるのかと育児との両立に不安がありましたが、上司や周りの人は育児に理解のある人が多いため、新しい働き方もできると判断し、決心することができました。
このように、周囲のサポートが充実している点も、この会社の魅力であると感じています。

今後の目標を教えてください

仕事と子育てをこれからも両立させながら、限られた時間の中でも世の中に貢献できる仕事をしていくことが目標です。
私は仕事がとても好きでやりがいを感じているので、限られた時間の中で成果を出せるよう、チームメンバーとも連携を取りながら、サービスの向上に繋げていきたいです。

1日の流れと休日の過ごし方

9:00

業務開始
・問い合わせメールやチャットに対応
・メンバーの進捗状況を把握

10:00

製品(OneGate)のプロジェクト定例会議
社内の各部門と定期的に情報交換を行っています。

12:00

昼休憩

13:00

お客様とのお打合せ(最近はオンラインが多いです)

15:00

製品の機能検証、セキュリティ関連の動向調査など。チームメンバーに的確に作業指示を行うためには、自分もその仕組みを予め理解する必要があると考えています。

16:30

業務終了。早足で子供を保育園に迎えにいきます。

18:30~

夕食の後は、子供との時間を充分過ごします。お風呂に入ったあとは、本を読んで寝かしつけます。本が好きで1晩で10冊も読むことも(笑) 夫も仕事をしておりますが食器の片付けなど協力してくれます。

出社とテレワークを組み合わせながら仕事を行っています。コロナ禍初期の緊急事態宣言期間中 には、テレワークを活用しながら仕事と育児を両立することができました。

公園で遊んだりするなど、子供とのコミュニケーションを大切にしています。 不思議なことなのですが、仕事のことで煮詰まりそうになると子供との時間が良い気分転換になり、逆に、子育てに煮詰まりそうになると、仕事に集中することで気持ちが楽になることがあるのです。

休日の過ごし方

これまでのキャリア経歴を教えてください

2001年

新卒入社

…企業ネットワーク構築、インストールチームに配属。大規模案件のラックマウント(設置)も経験。

…初の東京での一人暮らしスタート。

2004年

大阪異動

…自社製品「SmartOn NEO」や「InfoTrace」の導入支援を技術担当として主に行う。

個人情報保護法の施行によりセキュリティ意識も高まり、数万台規模の大規模案件の担当が増えたのもこの頃です。

2009年

東京異動

…「もっと本社業務をやりたい」と思い異動希望。再び東京へ。

エンドポイント系のプロダクトサービスを担当。

技術とマーケティング業務を兼務し、大変でしたが業務の視野が広まりました。

2010年

初のマネージャー職に就任

…技術の専任となると同時に、責任ある仕事を任され、身の引き締まる想いでした。

その2年後には新設部署に異動し、「トータルソリューション(統合的な技術提案)」も手がけました。

2015年

サイバーセキュリティ部に異動

…「InfoTrace」を通じて得た経験をサイバーセキュリティに役立てるための模索の日々。

何度もアメリカ出張に行き、セキュリティイベントへ出展したり、日系企業や現地企業との協業を模索したり、今までにない働き方を経験しました。

それと同時に、サイバー攻撃対策に役立つEDR「InfoTrace Mark II」の日本国内の大型導入案件も対応しました。

2017年

産休・育休

…大型案件が落ち着いたタイミングで産休・育休を取得しました。

2019年

育休から復帰

…1年半仕事から離れると、あれほど親しんでいたPC操作が怪しくなることを身をもって体感しましたが、会社がリハビリ期間を与えてくれたので、スムーズに職場復帰出来ました。

2020年

「大規模案件支援チーム」の新設に伴い異動・担当部長に就任

…現所属の前身となる部署の責任者となりました。

現在は「カスタマーソリューション部」として自社サービス「Soliton OneGate」を中心とした顧客提案を行っています。

人を知る
先輩社員インタビュー

Copyright(C) Soliton Systems K.K., All rights reserved.